水回りを変える

キッチンやお風呂、トイレなどの水回りのリフォームを行う時期は主に2パターンから考えられます。
ひとつは、建物の経年劣化に合わせてリフォームするというものです。
時間が経つごとにどうしても建物は劣化していきますので、それに合わせて、水回りも劣化が進んでいます。たとえば、ひび割れなどが原因による床や床下の腐食、シロアリ、水漏れなどです。一度ひび割れが見つかると、腐食のスピードは格段に速くなると考えていいでしょう。
具体的に時期は、築15~25年の間くらいです。特にひび割れもなく、見た目や使い勝手に不満がなければ築25年ごろを目安にリフォームを考えるといいですが、不満があれば、築15年くらいを目安にリフォームを考えましょう。
もうひとつは、自分の気持ちです。使い勝手やデザインに不満が出てくれば、その思い立ったタイミングでリフォームを計画するといいでしょう。

水回りのリフォームを行う際には、できるだけ様々なところをまとめて行うのがいいでしょう。
水回りにかぎらず、リフォームはだいたいまとめて行った方がお得なのですが、水回りの場合は特に水道関係の工事など共通する部分が多いですので、一度に行ってしまう方が、いずれバラバラにやるより遥かにお得に工事してもらえます。業者によっては、水回りリフォームに特化したお得なプランが設定されている場合もあります。
また、まとめてリフォームするとなると、洗面台やトイレなどの移動もやりやすくなります。移動する場所によって費用が変わりますが、水回り同士の交換だと比較的安く済みますので、総合的にプランを考えるといいでしょう。